スタートアップリサーチ

メガスタートアップリサーチ:Carta

2019/07/25


今回より、世界のメガスタートアップ(ユニコーン、ネクストユニコーン、その他急成長スタートアップ)について、アーキタイプの視点で分析していきます。初回は、未上場スタートアップの株式管理・資本政策管理をシンプルにするサービスCartaをご紹介します。

Carta(旧称eShares)は、創業者のManu Kumarが「上場企業の株式購入はオンラインで完結するにも関わらず、未公開株を従業員や投資家が取得した時は、紙の株券を受け取らなければならない」ことに課題を感じたことがきっかけでスタートしたサービスです。

Carta blog
“Why can I buy Google stock on my phone, but investing in a private company costs $20K in legal fees, takes 45 days to close, and ends with a mailed paper stock certificate?”
(Googleの株はスマホから買えるのに、なぜ非公開株式になると弁護士費用に2万ドル、締結まで45日もかかり、そして紙の株券が送られてくるのだろうか?)
https://carta.com/blog/seriese/

ビジョン・目的

未上場スタートアップの株に多くの人がアクセスしやすくし、その流通性を高める

ターゲット

未上場スタートアップ や未上場スタートアップへの投資家(主にVC)

対象課題・ニーズ

未上場スタートアップ
・キャップテーブル*の管理が煩雑なため、手続きや投資家の評価に時間がかかる

未上場スタートアップへの投資家
・投資先ポートフォリオの管理が煩雑
・投資先の資本政策が判断しにくい

*企業内の保有株式数・保有割合および株価の推移を一覧にまとめた資本構成表



Cartaの競合サービスは、グローバルで20社程度存在する。代表的なものは以下。
CERTENT
Shareworks
capshare
EquityZen
Captable.io
Gust
UPSTOCK

機能の一つ一つは競合サービス間で大きな差はないが、敢えて挙げるとすれば、Cartaは以下の機能や特徴の組み合わせで、総合的なプロダクトバリューが高いといえる。

・スタートアップ・投資家双方に向けたサービスを備えている
・スタートアップ向けのサービスは、起業して間もない段階からPre IPOまで、ステージに応じて必要な機能を備えたプランを用意している
・プランのカスタマイズ性が高い(基本プランをベースとして、追加サービスのアドオンが可能)
・直感的なUX/UIで操作性が高い
・投資家向けの基本プランは無料

会社名

Carta, Inc.

URL

https://carta.com/

所在地

US/カリフォルニア・パロアルト

設立年

2012年

代表者

Henry Ward, Manu Kumar

従業員数

251-500

事業概要

エクイティ管理プラットフォームサービス

調達総額

$447.8M

投資家・株主

Andreessen Horowitz, Lightspeed Venture Partners, Goldman Sachs Principal Strategic Investmentsなど

*Crunchbaseを元に作成(2019年7月時点)

Carta
TechCrunch
FinancesOnline
BUSINESS INSIDER
crunchbase
Capterra
capshare blog
Medium
Product Hunt
Owler

Back to list

Contact

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせはこちらから

Recruit

採用情報

Wantedlyへ